So-net無料ブログ作成

Metamorphosis [LUNA SEA]

 メタル色があることと、SUGIZOの立場から何かとX JAPANとの類似を言われてしまいそうな曲ですが、どこも似ていない。この曲がXの曲に似ているのならば、Xはメタリカと丸被りになります。私はどれも大好きでよく聴くので、似てるとはとても思えない。


 この曲は確かにメタル調だが、LUNA SEAらしく音域が重い。譜割りが細かくスピード感があるからこそ、その重みが際立つ感じがする。転調も激しく宇宙的広がりがあり、むしろSUGIZOソロの「NO MORE MACHINEGUNS PLAY THE GUITAR」のような世界観の曲だと思う。

 LUNA SEAの既存曲では、「BLUE TRANSPARENCY」を連想した。SUGIZOがガーッと弾きながら、INORANがクリーンで対照的なアプローチをし、リズム隊が突進というあの感じ。もちろんこの曲には今のLUNA SEAテイストがふんだんに盛り込まれているので同じにはなっていない。ブルトラでSUGIZOは指弾きなので、当たり前と言えばそれまでだけれど。

 メタルに気をとられがちだが、ボーカルのメロディもかなり良い。エフェクトをかけている部分があるけれど、基本的にはエモのような切ない感じがある。これらの融合具合が至極。


 今後もっとコッテコテのメタル曲をやってみるのも面白いんじゃないかとも思ったり。


 ていくおーーーふ!!
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。