So-net無料ブログ作成

Glowing [LUNA SEA]

 LUNA SEAにしては珍しいSUGIZOだけが延々とボーカルに絡みつく曲。クリムゾンっぽい?いやいや。


 LUNA SEAの真骨頂は大曲もそうですが、やはり「FACE TO FACE」等に代表されるミドル~スロウテンポの重いナンバーでしょう。この曲をライブ中盤のディープゾーンで聴ける日が今から楽しみだ。

 この曲自体はアルバムの中でもかなりシンプルなアレンジになっていて、5人の楽器と歌が中心なのはもちろんだが、「LUNACY」の流れをくむようにとにかく音数が少ない。けれどその少ない音数でこれだけ濃厚な世界観と説得力を表現しているというところが凄い。

 とにかく目立つのはSUGIZOの音だと思うが、これまで楽器隊の1パートが延々と目立ち続ける曲というのも有り得なかったので、これは新しいアプローチであり、それを実現できる現在のメンバー間のバランスも感じ取れる曲だと思う。5人の音以外で言えばピアノの単音が4分打ちが非常に良いテンションを出しており、これも少ない音数で表現するなかの絶妙なアレンジだと思う。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。