So-net無料ブログ作成

MARIA [LUNA SEA]

 youtubeで調べれば簡単に見れてしまうREBOOT時のMARIA。アルバム発売前における期待値は高かったものと想像できるが、その時のアレンジと比較すると、全体的にかなり太く・重く変化したのがわかる。


 REBOOTで披露したMARIAのイメージは切ないバラードという感じの印象だったが、実際にアルバムに収録されたものには何か消失感を感じさせる切なさと、伝えたいメッセージがかなり重くなった印象が強い。他の曲で甘めの声やポップな声を使っているなか、この曲では重く歌っていることから、これには確実な意図があると思われる。
 ベースの音もやけにモタッとした音色をしており、この曲の重さを更に引き立たせている。ライブのイメージが強く、それを期待している人は少し違和感を覚えるかもしれない。


 だからといって初披露時と比べて劣るとは思えない。確かにメロの美しさやサビのガツンとした盛り上がりが抑えられた感じがするが、「gravity」のように青い炎をイメージするようなタイプにアレンジされていることは私にとっては嬉しい。グルーヴ感は明らかに今回の方が上回っているし、REBOOTからA Willに至るまでの出来事を取り入れた結果がこのアレンジなんだと思う。バラードとしては初期の方が良いのかもしれないが、末永く聴き続けるとしたら今回のこのウネリは必要不可欠だと思う。


 更にライブでどう変化するかが楽しみな一曲です。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。